財団法人 大川美術館     OKAWA MUSEUM of ART, KIRYU

[ Home ] [ Up ] [ No58-ひとの表現・ひとのかたち ] [ No57-アントニ・クラベ ] [ No55-駒井哲郎・清宮質文二人展 ] [ No54-島崎蓊助遺作展 ] [ No53-武田久遺作展 ] [ No52-松本竣介と近代洋画の夜明け ] [ No51-瑛九原作銅版画集と源流展 ] [ No50-岡田節男遺作展 ] [ No49-欧州版画展 ] [ N.48-新井リコ展 ] [ No47-松本コレクション展 ] [ No46-鷲田新太 ] [ N0-45寺田春弌 ] [ No44-清水登之展 ] [ No43-画家・それぞれの戦争 ] [ No42-狂歌・漫画 ] [ No-41荒尾昌朔展 ] [ No40-アメリカ現代版画展 ] [ No39-須田剋太 ] [ No-38藤島武二 ] [ No-37女流展 ] [ No36-企画展ポスター集 ] [ No35-顔・展 ] [ No34-山口薫 ]
[ Home ] [ Up ] [ 開催要項 ] [ 前期(近代の日本画100年) ] [ 後期(国内外の洋画100年) ] [ 館長あいさつ ] [ 松本夫妻 概論 ] [ 出品目録・前半 ] [ 出品目録・後半 ]

[大川美術館 (桐生市)  企画展・開催要項 No.47]


 

この度、当美術館では、パイオニア椛n業者・松本望、千代夫妻が、会社を離れたあくまで生活の糧として個人蒐集してきた美術コレクション約 300点の殆どを、ご遺族よりご寄贈頂きました。これを記念した当展は、そのコレクションのお披露目と考察を兼ねて開催するものです。  

特筆すべきものとして日本画では、今村紫紅と共闘していた時期に描かれた名品大作と呼べる速水御舟の《柿》、また川合玉堂《秋、茅刈》や上村松園《初雪》加山又造《凍林》などは、共に画家の最高潮期のものと言えます。

また洋画では、岸田劉生《縄跳びする子供》やオーギュスト・ルノアール《女》は珍品であり、更に国内作品中のトップと位置付けられるヘンリー・ムーア《膝から上のふたつの人体》等々、超一級品も含まれており、よい画商に恵まれていた事がうかがい知れます。

 
展覧会名 および 会期
    □ 第47-1回特別企画展
      豊かな生活と美術・松本コレクション150選
      前期展: 近 代 の 日 本 画 100年[特選75選]
       7月5日(水)〜9月3日(日)
    □ 第47-2回特別企画展
      豊かな生活と美術・松本コレクション150選
      後期展: 国 内 外 の 洋 画 100年[特選75選]
        9月5日(火)〜11月5日(日)
 
    * ただし月曜日は休館。月曜祝日の場合開館、翌日火曜日休館。
    * 10:00〜17:30(入館は17:00まで)
 

財団法人 大川美術館

〒376-0043 群馬県桐生市小曽根町3-69(水道山中腹) 
Tel:0277-46-3300 Fax:0277-46-3350
okawa-m@theia.ocn.ne.jp

開館時間:10:00〜17:30(入館は17:00まで) 
休館日:毎月曜日(月曜祝日の場合は火曜日)、年末年始
入館料:一般1000円、高大生600円、小中生300円
駐車場:水道山公園駐車場(無料)