財団法人 大川美術館     OKAWA MUSEUM of ART, KIRYU

[ Home ] [ Up ] [ 東海道 解説文 ] [ 東海道 出品目録 ] [ 出展作品を見る ]
[ Home ] [ Up ]

ごあいさつ

 江戸中期から盛んになった庶民の旅ブーム。そしてこの当時から交通の大動脈であったのが、江戸と京のふたつの都を結ぶ「東海道」。この街道をつなぐ五十三の宿場町は、日常生活とは離れたドラマチックな旅情にあふれる町並みとして、古来から多くの画家たちにとっても興味を引かれる画材でありました。

  今展は、その人情味とユーモアにあふれた庶民風俗を、実に楽しく描ききった古今の画家たちの五十三次、二作品を比較しながら鑑賞して頂く企画です。

 江戸期の浮世絵と言えば、役者絵、美人絵…、そして華々しいその歴史の最後を飾った風景画が思い浮かびます。この風景画の一時代を築いたのが、かの富嶽三十六景の作者・葛飾北斎、そして今回ご紹介する歌川広重(1797〜1858)でした。

  ちなみに広重に安藤の姓を付けて呼ぶ事もありますが、これは火消役を仰せ付かっていた武士であった頃の名前です。さて広重と言えばその代名詞ともなっている東海道五十三次。

  実は彼の東海道ものは1833(天保4)年、37歳の時に始まり、その後の20年間に渡って40種余り創られたと言われています(内すべての宿場が揃っているものは16種)。つまり、よく知られている図柄のシリーズが最初(1833年)に発表された「保永堂版」。

  これに続いて「行書」「隷書」「美人」「人物」などなど、多くのシリーズが作られたのでした。その中でも今展出品の「狂歌入東海道」は、文字通り絵柄の横に狂歌が書き込まれたシリーズであり、彼の中年後期(1840〜1842 天保11〜13年)の代表作として保永堂版に次ぐ秀作と高く評価されているものです。

  一般に広重の風景画は、風景の描写であると同時に風俗画とも言われますが、このシリーズでは宿場や茶屋などの全容図が多いのが特徴です。しかしよく見ると、小さいながら必ず人物が点景として描かれており、それらが画面全体を生き生きと引立てて、旅先でのスナップ写真的印象を際立たせているのが分かります。

  また東海道ものは通常、53の宿場に江戸と京を加えた55枚セットが基本ですが、この狂歌入は京が2枚あり全56枚となっているのも特徴的です。

 広重の東海道ものは発表されて直ぐ、民衆の圧倒的支持を得ました。この人気度の高さは、続いて大正期の「東海道五十三次 漫画絵巻」(今展出品)を生み出し、更には現在の私たちの記憶の中にも「広重イコール東海道」という図式をも形成させているのです。

 1921(大正10)年に創られた「東海道五十三次 漫画絵巻」は、正に広重の大正時代版を気取って企画されました。谷中の中央美術協会の主催で始まったこの企画には、東京在住の当時の一流新聞漫画家たちばかり18人(東京漫画会)が参加しました。

  5月1日、メーデーで厳戒中の日本橋を“すげ傘姿”で出発した彼らは、各宿場で歓迎攻めにあいながらスケッチ旅行を続けました。当時、芸能人並みに人気のあった“時代の売れっ子”岡本一平(1886〜1948)などは大変だった事でしょう。彼らは旅行後、スケッチを元に各宿場を手分けして約 150部づつ水彩画として仕上げました。そして絵巻物風に表装し「寄せ書き漫画集」として完成させたのでした。

  ちなみに今展出品のものは、最初に完成した最も出来・状態のよい10点の内のひとつと言われています。また彼らが構図を決定する際に、広重の保永堂版を強く意識していた事もご注目頂きたい点です。

 館蔵品で構成し、年1回のペースで開催する気軽に楽しめるアミューズメント展。遊び感覚を含んだ企画ではありますが、特に今展では「普遍的に人々の心をくすぐり続ける旅情」を感じて頂けたら幸いです。

                大 川 美 術 館

 

財団法人 大川美術館

〒376-0043 群馬県桐生市小曽根町3-69(水道山中腹) 
Tel:0277-46-3300 Fax:0277-46-3350
okawa-m@theia.ocn.ne.jp

開館時間:10:00〜17:30(入館は17:00まで) 
休館日:毎月曜日(月曜祝日の場合は火曜日)、年末年始
入館料:一般1000円、高大生600円、小中生300円
駐車場:水道山公園駐車場(無料)